入れ歯とインプラントの違いについて | 宮城県仙台市のインプラントの治療のご相談なら医療法人Good Smiles 鹿島デンタルオフィスへ

入れ歯とインプラントの違いについて

入れ歯(義歯)のデメリット

1、バネがかかる両隣の歯への負担が大きく、数年でぐらぐらしてしまう症状が出てきます。
2、基本的に硬いものは噛めません。また粘着状の食べ物を噛む事にも苦労する事があり、不便です。
3、健康な歯(両隣の歯)への悪影響(虫歯)が大きい事からリスクが高い状態とも言えます。

インプラント治療が増えている理由
1、自分の歯のように硬いものから柔らかいものまで噛めるようになりストレスフリーな日常が戻ります。
2、他の健康な歯への悪影響がなく、ブリッジや入れ歯(義歯)のような心配事はありません。
3、我々歯科医にとっても治療後のメンテナンスがしやすいので、何度も足を運ぶ必要がありません。

入れ歯とインプラントのメリット・デメリット

【部分入れ歯】

部分入れ歯 インプラント
ブリッジ インプラント
・健康な歯にバネをかけて部分入歯を固定させる ・健康な歯に負担をかけない
・違和感があり不快 ・違和感が少なく清潔
・バネをかけた歯に負荷がかかる ・バネがないので自然で美しい歯並び
・発音・発声の妨げになる事がある ・天然歯と同じお手入れ
・健康保険適応 ・保険適応外治療
・約1〜2ヶ月の治療期間
(その後の調整は必要)
・治療期間が3ヶ月〜10ヶ月程度
(その後も咬み合わせ等検診必要)
・取り外して洗浄、口腔内も磨かなければいけない

【総入れ歯】

総入れ歯 インプラント
ブリッジ インプラント
・総入れ歯と歯肉で支えているので、顎骨の量が少ないとガタついてしまう ・インプラントが顎の骨に固定されているので、ガタついたり痛みを感じたりすることはない
・粘膜を覆うので、味覚が感じにくくなる恐れがある ・特別な障害が無い限り、取り外す必要はない
・唾液の分泌障害がおこる場合がある ・天然歯と同じ手入れで大丈夫
・健康保険適応 ・保険適応外治療
・約1〜2ヶ月の治療期間
(その後の調整は必要)
・約6ヶ月〜1年の治療期間
(その後も咬み合わせ等検診必要。)
・毎日取り外して手入れしなければならない
当医院では年間200本以上のインプラントの治療実績があり、担当の専門医がカウンセリングからアフターフォローまで責任を持って治療いたします。
  • お気軽にお問い合わせください 0120-021-995
  • インプラント治療に関するご相談はこちら
  • 携帯からもサイト情報をご覧いただけます。
サイトマップ
サイトマップ

宮城県仙台市にあります医療法人Good Smiles 鹿島デンタルオフィスはインプラントで来院される患者様が満足されるように、最良のインプラント歯科医療をご提供できる診療室づくりにスタッフ一同が日々研鑽努力しています。インプラントの診療には予約制を実施していますので、安心してご来院ください。

所在地情報
宮城県仙台市青葉区通町2-17-9
医療法人Good Smiles 鹿島デンタルオフィスへのアクセス詳細

FREE DIAL インプラントの診療、お気軽にご相談ください。インプラントの診療はこちら。お電話orクリック